スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

限りなく深く・・・

小学生の頃、頭にあったイメージ

たくさんの滑り台が色んな向きから出ていて、すべて下向きになっている

滑ると途中で切れて別の滑り台に移り、更に下に落ちてゆく

下はどこどこまでも深く、暗く、先はわからない

何とも言えない寂しさと恐ろしさ

とてもイメージがリアルで、小学校4年生の時の授業で版画にした

今、そのイメージを思い出す

今、滑っていくのは、落ちていくのはどうかな・・と

すごいスピードで底なしに向かって滑り落ちるけれど

それよりももっと速いスピードで なむあみだぶつが先回りして

光明を広げて待っておられる

どこどこまでも落ちて切りがなくても

更にその先に飛ばして光明を広げて下さる

どこどこまでも先に行って下さる・・・

私は感激の涙を流しながら、滑り落ちてゆく

どこまで落ちていっても、不安だけれど大丈夫なのだ

私より先に、すごいスピードで落ちて下さっているから

そんなイメージで胸がいっぱいになる、 なむあみだぶつ  (m)


スポンサーサイト

満月

会社帰り、ふとしらを見上げるとまんまるの満月

私には何もないけれど

南無阿弥陀仏が私全体に満ちていると感じるのは

月の光が私を照らす様に

なむあみだぶつが私を透きぬけてを照らして下さっているからなのだろうか・・と思う。

月を眺めていると阿弥陀様のお慈悲がありがたい。   南無阿弥陀仏   (m)

ウナギの養殖

 新聞を読んでいたら ウナギの養殖にかいこを使う、とあった。

凍結して粉砕して餌にすれば、高たんぱくで安価なのでウナギの養殖にもってこい

で、ウナギも今より大きく育つという。

 かいこというと小学生の頃を思い出す。

近所の家で絹糸をとるためにかいこを育てていた。

段になった棚にたくさんのかいこがいて桑の葉をたべており、じっとしていると

めりめりと、葉を食べる音が聞こえた。

触るとぷにゅぷにゅとしてやわらかく、当時の新幹線のような格好で、

真っ白な背中に三日月マークがあり美しく、きもかわいい感じだった。

 かいこのまゆを奪って絹糸を作るだけでなく、凍結粉砕して餌としても使うとは。

人間はなんと自分勝手で残酷な生物なのか・・・と改めて思う。

人間に、自分に、生きる価値があるのではない。

特別のお慈悲で、ゆるされて生きているのだと思う。  南無阿弥陀仏。 (m)

なぐさめ

南無阿弥陀仏のお慈悲はいつも変わらないけれど

苦しいとき、欲や怒りや愚痴で心がいっぱいの時、寂しさでいっぱいのとき

こころの奥底からなむあみだぶつが染み出す様にらあふれてきて、

いつの間にか悩みの心のまま南無阿弥陀仏がすべてを包み込んでいる。

苦しいときほど、離れず寄り添われている南無阿弥陀仏なのだと思い知らされる。

呼吸のように、あたりまえのように、ふと気づけば溢れている。

私は幸せだな・・と思う。頑張ろう・・と思えてくる。  南無阿弥陀仏  (m)

御文章

表紙の擦れた年期入りのS会発行の御文章を久しぶりに拝読。

何帖目何通とかかれているところの上に、× がつけてあるものが

結構ある。

T会長が、「これは今の時代には当てはまらない内容が書かれているから

読まないように」 と指示をだし、いわれるままバッテンを付けたもの。

当時は、そんな言葉をうのみにして読み飛ばすようにしていた。

蓮如上人ご自身が「凡夫往生の手鏡」といわれたという御文章に

○×をつけるなんて、今考えると何て失礼な行為だろうと感じる。

しかも会員にまで、そんな行為をさせて・・。

自分が蓮如上人より偉いと思わなければ言えない発言。

その指示に疑問も感じず従っていた当時は、やはり 「自分には

判断能力がない。T会長だけが善智識方の深い御心がわかるのだ」と

信じ込んでいたのだ。

いつの間にか、マインドコントロールされていたと思う。(m) 南無阿弥陀仏
プロフィール

ぶりぱぱ&まま

Author:ぶりぱぱ&まま
平成21年に親鸞会を退会しました。
会員歴は長い方と思います。
連絡先:burimama18(Gメール)

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。