スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親鸞会講師部のブログ

親鸞会ブログナビに毎日出てくる親鸞会若手講師部員のブログ。

浄土真宗の布教師と言いながら、阿弥陀仏の本願がちっとも出てこない。

「今日聞いて今日救われる教え」と口先で言っていても、説いているのは

倫理道徳の域を出ない話ばかり。

時には心理学を少しかじって、いかにも人間の心を理解したかのように書く。

処世術を教えているのか、往生浄土の一大事を説いているのか。

布教師というけれど、あなたは何を教えようとされているのですか?

今臨終の人にする話ですか?と尋ねたい。

自分も相手もまだまだ死なない、という大前提で話しているとしか思えない。

今臨終となったときに、自分自身が聞きたい話をされているのか、

自問してもらいたい。

阿弥陀様の阿の字も出さないでいて、浄土真宗と名乗るのは恥ずかしい。(m)


スポンサーサイト

弥陀のはからい

『この私のすくわれるか否かはすべて弥陀のはからいであり、自らの造作は

否定されざるを得ない無疑の信相・・』(蓮如上人のことば:稲城選恵 著)


歎異抄の中で 親鸞聖人は、「念仏は地獄に堕ちる業か、浄土に生まれる因か、

親鸞には全くわからない」と言われているが、これは「知りすぎた知らん」

ではなくて、阿弥陀様に、後生をまかせきった心境の告白だと感じる。

救うも救わぬも阿弥陀様のお計らいであり、後生を知る知恵もなく、

南無阿弥陀仏の価値を知る知恵も持ち合わせぬ自分には、

念仏の価値ははかりようもなく、後生はただただ南無阿弥陀仏に

まかせきって、阿弥陀様にはからわれていくのみ。

南無阿弥陀仏の仰せがすべてで、後生がどうなろうと、後生に対して

自分にできることは もはや何一つなく、阿弥陀様のおはからいに

お任せする以外の選択肢は すでに何も無いという事実。

南無阿弥陀仏に抱かれて、まかせきってしまったならば、

南無阿弥陀仏が何かわからなくても、分からないことが心配にもならず、

気にもならなくなって、南無阿弥陀仏をただただ仰ぐばかり。

後生どうなるかの心配もなくなってしまって、不思議な安堵感に満たされている。

不思議な南無阿弥陀仏。   (m)

必堕無間

親鸞会をやめる5ヶ月ほど前。

インターネットで見つけた安心問答を 毎日読むようになっていた頃・・・。

本部会館で広宣部のY田さんとすれちがった。

アニメ解説の時は固定メンバーとして必ず壇上にこいた人。

思い切って質問してみた。

Q:「安心問答を見てはいけないと、講師から言われますが、どうしてですか?」

A:「高森先生を誹謗中傷するサイトです。嘘ばっかりです。そんなもの見る

暇があったら親鸞会の公式サイトを見て下さい。」

Q:「浄土真宗の信心についての質疑応答のサイトですよ。Y田さんは見られたこと

あるんですか?」

A:「ありません。高森先生が見るなと言われているのですから見ません。

あなたが、1回安心問答を見たら、アクセス順が上がってそれに加担した

ことになるんですよ。大変な謗法罪ですよ。無間業です。すぐやめなさい。」

見てもいないサイトを、「高森先生が言われたから」と、内容も見ずに悪くいう

なんておかしい・・・と思う反面、

「無間地獄に堕ちる業だ」と言われた言葉が気になり、高森先生のご指示に

従わないで 安心問答を見ている私は、謗法罪で永遠に助かる道を失ってしまう

のかも知れない・・・と不安になった。

「無間業」「謗法罪」の言葉が気になって、それから悶々としていた。

安心問答に質問を繰り返し、「たとえ遠回りになってもいいから、真実かどうか

確かめたい。」と、決心するのに1ヶ月かかった。

親鸞会は「必墮無間地獄」の恐怖をあおって親鸞会内に押しとどめ、

阿弥陀仏の救いから遠ざけるのだ。  南無阿弥陀仏  (m)

地元のご法話

月に1回、地元で 『親鸞聖人の教え・問答集』(梯 實圓 著) の勉強会

のご縁を頂いている。

私の住んでいるところは浄土真宗がほとんどないためか、地元でのご法話は

ないにひとしく、寂しいかぎりである。

そんな中で、じっくり聞かせて頂けるご縁は本当にありがたい。

自力では絶対参れないのが真実報土。他力信心ひとつで往生させて頂ける。

他力信心の尊さ、ありがたさ、すばらしさをしみじみ感じた。

また、自分の思いや感情や罪悪感、無常感など、圧倒的な本願の前では 取るに

足らないつまらないものだと思った。

自分に無常感や罪悪感がある(深まる)と思っているのはうぬぼれもはなはだしい。

そんな殊勝な心などなかったのだ。

南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏。    (m)

有念無念のこと

先日、築地本願寺に紅楳先生の法話を聞きに行った。

内容は、親鸞聖人の「ご消息集(お手紙)第一章について」だった。

法話後の質疑応答の時に、あるお坊さんが、有念無念について質問した。

その前に親鸞聖人の二双四重判と真仮疑判について詳しく話しされていた事や、

信心の話に焦点をしぼって話をされている(印象ですが・・)こともあり、

「あんた、全然わかっとりませんな。まず信心を獲ることや。」との返事。

「寺ではよく念仏念仏というけれど、信の上の念仏だから、信があっての

念仏なんだ。信心を獲ることが何より大事だ」と特に厳しく言われていたように

感じた。お坊さん方が気を悪くされないかと、内心ドキドキした。

何の教学もないから言葉だけの自分の味わいだけど、

「あるかと問われれば何もないけれど、何も無いかと問われれば、

南無阿弥陀仏があります。私を必ず救うとの、阿弥陀様の仰せが満ちみちています」

となる。

そういうことを親鸞聖人は「有念でもなく無念でもないといわれたのだろうか・・?」

その場では何となく遠慮して質問できない私でした。

質疑応答では、素朴な疑問から教学的な質問まで幅広く出ていた。

そして、その後場所を変えて 質疑応答が3時間以上あったと聞いた。

信心の沙汰のご縁はありがたいものだな・・。

そういう熱意あふれる先生がおられて、ご法縁があって、聴聞させて頂ける。

南無阿弥陀仏のお働きがありがたい。  南無阿弥陀仏  (m)



講師部のこと5

子供がまだ1歳2ヶ月の頃、ある在宅ご法話に参詣した。

子連れのため遠慮して廊下にいたが、家の方が部屋に招き入れてくれた。

「赤ちゃんの声は気にならないからいいよ」と。

部屋に入ると子どもはすぐ寝てしまった。

30分ほどして目を覚ました子供はハイハイを始め、ときどき「あー」とか「なー」

とか声を出した。(ためして出すような小さな声だった)

ほのぼのとした空気が流れ始めたとき(赤ちゃんがいるとどうしても場が和む)

説法していた講師が突然大声で怒鳴った。

「せっかく真剣に話しているのに、子供が声を出すから気が散るだろう!

火花が散らないから、だまらせろ!」と。

「自分の子どもならどやしつけているところだ。家では子どもがお勤めの時

少しでもふざけたら、後ろから私がはたくから、絶対ふざけたりしない」とも。

講師の子供は小学4年と6年。うちの子は赤ちゃん。

1歳2ヶ月の子に「黙れ!動くな!」と言って、分かると思っているのか・・?

じっと動かないで声も出さずに聴聞している赤ちゃんがどこにいるのか。

それに講師のお子さんだって、会館の子ども部屋での勤行中、つつきあって

ふざけて笑っているのを知っている。子供なんてそんなもんだ。

父親がぶちぎれて怖いから、父親の前では真面目なフリをしているのだ。

この講師は親だけど、子育てしてきていないんだと思った。   (m)


講師部のこと4

講師と結婚した友人がおめでたとなった。

当時全国各地で毎週末、高森会長の話があったが、友人はつわりがひどい上

遠方のご法話だったこともあり、2回続けて休んでいた。

ある女性の講師から、「子供はたとえ流産しても何度でも産めるけど、

1回の聴聞をのがしたら万劫に後悔することになるのよ。

あなた友人なのだから、〇〇さんに電話で言ってあげて。

何が何でも聴聞に来なければダメだと。」と言われ、まだ独身で妊婦さんの

気持ちも胎児の状態もよくわからなかった私は、そう言うのが親切なのだと

思い込み、教えられたままのセリフを言った。

「なんて事言うの。命なんだよ」と言われ、はじめて、ひどいこと

言ったんだと気付いた。

講師にいわれるまま言ったこととはいえ、本当に申し訳なかったと、

今思い出しても胸が痛む。 鬼の言葉だったと思う。

それでも、私にそう言うようにいった講師は、本気でそう思っていたと思う。

その講師の説法では常に、「後生に必堕無間地獄の一大事がある」と、強調されていた。

ご本人から「妊娠8ヶ月でも一人車を運転して聴聞に行っていた」とか、

「10ヶ月のお腹で説法に立っていた」とか聞いた。

必堕無間の教えが、人を恐怖で追い込み、苦しめ、鬼の発言をさせるのだ。 (m)

講師部のこと3

夫婦共に専任講師のお宅のこと。

ご主人の両親の家に住んでおられた。

本部会館の子ども部屋では、いつもご主人のおかあさんが孫の世話をしていた。

その、おばあちゃんとは、ときどき話した。

「子供は両親がお金が無いことを知っているから、買ってほしいものがあると

みんな私に言ってくるよ。

学費も習い事も服も、全部私たち(祖父母)が出しているよ。

孫も友だち付き合いもあるし、色々ほしいものもあるからね~。

おじいちゃんは『うちには貯金がたくさんある』って思っているけど、

だいぶ使っちゃったよ。おじいちゃんには内緒だよ。

親は知らん顔してお金は出さないからね。

まあ、講師はお金ないから仕方ないよ。」

かわいい孫のために、世話をしお金も出し・・・。

そういう負担をしてくれる人がいなければ、末端講師部の

結婚生活は成り立たないのです。 

「親に生活費を出させることを良し」としているのが親鸞会なのです。

親の情を利用しているのです。  (m)


講師部のこと2

最近退会したある方の弁です。

「○○さんがぼやいてたよ、『テレビ座談会の御法礼は表向きは決まっていなけど、講師に5000円以上出させていただきましょうと言われたのよね。それだけでなく、他の人がきちんと出すか箱のところで見張っといてと言われたのよ』あの人も、そういいながら言うこと聞いているんだよね」

金集めに奔走し、お互いに監視までさせているのです。講師部員が保身に汲々としている姿が目に浮かびます。

続けている会員の人は、こんな現状を我慢しているのでしょうか。

教えがおかしいから、全てが狂ってくるのです。

こんな会にいても、阿弥陀仏の本願を正しく聞けずに人生終わってしまいます。

よくよく考えて欲しいと思います。(P)

講師部のこと1

親鸞会では、会員からの会費は本部に集中させる一方、

各地の講師には、「ご法礼だけで生活せよ」と言っていた。

「わしがしてきたことだから」(会長談)と。

とはいえ、担当講師には会費の目標があり、会員に会費の増額を勧める。

会員にとっては、限りある収入の中で会費を増額すれば、お世話になっている

担当講師に出すご法礼がどうしても減ってしまうというジレンマがあった。

それ以外にも、本部に集中して集めるご報謝もつぎつぎあった。

ある講師部の奥さんの話。ご主人は遠方に単身赴任。

ご主人のお父さんの家で、子供さんと一緒に暮らしていたが、「生活費は

主人のお父さんから毎月15万出してもらっている。主人からは、4万が限度。

それ以上頼むと、主人が食費を削ることになるから、かわいそうでとても言えない。」と。

小さい子二人も抱えて4万では生活は成り立ちません。食費で終わります。

家だって親の家。

講師部の経済的自立を阻む親鸞会は、「親に出させればいい」と思っているのでしょう。

子を想う親心につけ込んで、子どもの人生を奪い、親からもむしり取っていくのです。 (m)

はしか

S会時代、赤ちゃんは3ヶ月から子供部屋に連れてきていいことになっていた。

まだ首も座っていない子供をクーハンに乗せ、片道7時間かけて山道を移動していた。

子供部屋では全国から連れてこられた乳児・幼児が、交代制で一日保育されていた。

体中に水ぼうそうの跡が生々しく出ている子(もうかさぶただから治っているとの親の話)

咳と鼻水が止まらない子(風邪だから大丈夫との親の話)など、必ずいた。

ちょっと熱が下がれば、聴聞に行きたい親は、無理して子供を連れてくる。

(伝染されないように)と、なるべく離れたところに場所をとるが、なにせ窓もない閉ざされた空間。

ある日顔中に発疹のある赤ちゃんが赤い顔で泣いていた。

熱を測ると38度3分。特撰部員のお子さんだった。

それから1週間頃、ちょうど1歳になったばかりの我が子が、はしかにかかった。

親鸞会内でたくさんの乳・幼児がはしかにかかり、1ヶ月ほど子供部屋はガラスキ。

地元では全くはやっていなかったから、子供部屋で伝染ったことは間違いない。

当時、聴聞したい一心で、病中や病後の子供を連れてくる親はたくさんいた。

一人罹患した子供がいれば全国に広がるのだ。

担当講師に言っても何もしてくれないので、当時の婦人部長に苦情の手紙を書いた。

しばらくして、子ども部屋では体温測定が始まり、37.5度以上だと入れなくなった。

そうは言っても、インフルエンザの子を連れた親が、聴聞会場後方で、

子どもを寝かせて聴聞していたのを知っている。

(保育料の節約やら、子供にも聞かせたいやら色々あったとは思うが・・)。

「40度の熱があっても聴聞に馳せ参じよ」と言われていた時代。  (m)




S会で念仏を勧めない理由

親鸞会では「善の勧め」はあるが「念仏の勧め」はない。

「どれだけ念仏称えたからって救われない」ことは強調するので、

小杉の親鸞会館で、念仏を称える人は皆無に等しい。

信心決定した人だけが、お礼に称えるものと思っているのだ。

ある講師が高森会長に「なぜ念仏を勧めないのか?」と質問したことがある。

会長の返事は、「念仏は簡単だからだ」

「善の方が大変だから、みんな勧めないとやらないから」。

念仏が易行なのは、阿弥陀仏が選び取られたからです。

すべての人を救うために、称えやすく保ちやすい念仏を選択されたのです。

それを「簡単だから勧めない」なんて・・・。

大変な謗法罪と思います。 

選択本願の選択という言葉の意味さえ、ご存知ないようです。  南無阿弥陀仏 (m)

ある女性会員の言葉

ある人から頂いたメールより~

現役会員の女性に「顕真のご文は前後の文から見て明らかに解釈が間違っている」

といったら、「高森先生の説明なしでは誤って解釈するから読んではいけないし、

先生以外の本やCDを聞くなんておかしい」、「合点が足りないのだ」と言われた。

先生に絶対服従が信心決定への道と信じてるんだね。

”20年以上聞いて合点できない教えって変だ”とは思わないのよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

親鸞聖人は、高森会長以外のすべての人が誤って解釈する文章を書かれた人?

合点した人は、高森会長以外の浄土真宗の本を読んだり、CDを聞いたりしなくなるの?

会長以外の人が書いた本を読むのはおかしいの?

高森会長しか正しく解釈できないと、だれが判断したの?

そんな判断できる力があなたにあるの?

完全に知識帰命だ。高森会長を盲信してしまっている。あわれ・・。 (m)

念じて・・。

少しでも痛みがやわらぎますように

心配や不安が軽くなりますように

一人ぼっちで寂しく思っておられませんように

苦しまないでいて下さいますように

念じます。      南無阿弥陀仏(m)


失う

親鸞会在籍時、アニメ戦が始まるくらいまでは、聴聞最優先と常に言われていた。

当時はまだ、全国各地で毎週末土日と高森会長の話があった。

そして、聴聞が最も宿善を厚くする方法と聞いていたし、教学テキストにも書かれてあった。

祖父の葬式も出ずに高森会長の聴聞に行っていた。

高校時代の親友の結婚式も、日曜だったので断った。

嘘でも何でもついてでも連れてこれば自他共に宿善になると言われ、

友人を、旅行に行こう!とだまし、京都に聴聞にも連れて言った。

そして、「うそをつかれた。だまされた。」と言われ、何人か友人を失ったが、

(その人の自覚にないだけで、自他共に大変な宿善になったのだ)と

思い込んでいた。

その人には仏法の価値が分からないから仕方ないのだと・・。

大学の研修といつわって、親鸞会の合宿に参加した。

・・が、家庭教師先からたまたま用事で自宅に連絡があり、うそがばれた。

(これは、いまだに親に言われる・・うそをつかれた・・と。)親を深く傷つけた。

信心決定したい、宿善になるならばと、言われるまま教えられるまま、信じて疑わず

親や友人に嘘をついてきた。

当然、信用を失い、非難もされ、大切なモノをいくつも失ったけれど、

信心決定できるなら、かまわないと思っていた。人の口は都合によって変わるのだから

何を言われてもかまわないと思っていた。

間違った教義を聞かされ、人を傷つけ、自分を傷つけ、それでも善をしているつもりだった。

さんざん失い、犠牲にしてきたから、今さら親鸞会の人に何言われたって慣れてます。

でも、本当の親鸞聖人の教えは、「嘘をついて人を騙し、傷つける教え」ではありませんでした。

すべての人をありのままで、そのままで救う教えでした。 南無阿弥陀仏  (m)





何もないけれど・・

何かあるかと聞かれれば 何もないけれど、

何もないかと聞かれれば、南無阿弥陀仏があるということになる。

何か変わったかと聞かれれば、何も変わっていないけれど、

なにも変わらないかと聞かれれば、そこはかとない安心感に満たされている。

後生は阿弥陀様にお任せして、口にはときどきお念仏。

南無阿弥陀仏が十方世界に満ち満ちている。  

私を浄土へ、浄土へと、働いてくださっている。   (m)

まんじゅうのたとえ

だいぶ前だが、S会でまんじゅうのたとえを聞いた。

南無阿弥陀仏というまんじゅうを、自分が食べるのではない。

自分がまんじゅうになって、南無阿弥陀仏の口に飛び込んでゆくのだ、と。

今味わってみると、なかなかおもしろいたとえで、ありがたいだな・・と感じる。

自分が南無阿弥陀仏をつかんで自分のものにするのだと思っていたが、

実際は、南無阿弥陀仏に包まれてしまう感じ。

自分のうちも外も、南無阿弥陀仏が満ち満ちてくださる。

いや、十方世界に南無阿弥陀仏の至らないところはどこにもないのでした。

だから、自分から出ていってしまう不安とか、なくしてしまう心配などないのです。

親鸞聖人の「海」のたとえにも通じるものがあるたとえだと感じます。 (m)
プロフィール

ぶりぱぱ&まま

Author:ぶりぱぱ&まま
平成21年に親鸞会を退会しました。
会員歴は長い方と思います。
連絡先:burimama18(Gメール)

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。