スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たのむ

「弥陀をたのむのだ」と言われても、

木にもたれるのとは違い、目にも見えないものを

どうたのみにすればいいかも分からず、

どういう状態なのかも想像もつかず、

(どうすればいいのか、どうたのめばいいのか、たのむって何???)と

見当もつかず、虚空をつかむような感じでいた頃。

一度弥陀たのむ身にして頂けたら、目にも見えない触れることもできない本願が

たよりになってしまって、いつでも、どう考えても本願の仰せが変わらなくて、

不思議な安心感に満たされていて、何とも不思議なことだな・・としみじみ。

理性では考えられないことなのに、何故か本願がたよりになってしまったのです。

不思議な本願、南無阿弥陀仏。  南無阿弥陀仏  (m)

スポンサーサイト

帰命

実家は浄土真宗大谷派の門徒。

月1回ご院さんが自宅に来て、仏壇の前で正信偈をあげていました。

祖母と妹と私の3人で、ご院さんの後ろに座り一緒に勤行。

「帰命~無量~寿~如~来~~~」

詠いながらも子供心に(帰命って何だろう、不可思議光って何だろう・・?)

と毎回思っていました。

(命を帰すってこの私の命かな?どこに帰すのかな・・。どういう意味だろう?)と。

そして親鸞会では「親鸞は助けられたぞ!救われたぞ!」との説明を受け、

「なるほど!!」と感動していました。

でも今はこの説明にちょっと違和感があるのです。

「自分は助けられたぞ!」と、自分に主体がある感じではなく、

阿弥陀様が主体で、阿弥陀様の方から私に向かっての救いなのです。

「阿弥陀仏に助けて頂きました。」

「阿弥陀仏(南無阿弥陀仏)をたよりとする身にさせて頂きました。」なのです。

私の側には、えらそうに「救われたぞ!」と胸を晴れるシロモノは持ち合わせがないのです。

阿弥陀様のお慈悲ひとつで助けて頂きました。 南無阿弥陀仏  (m)

老衰

介護に関わる仕事をしているが、98歳の5人を筆頭に高齢の方々を

担当している。

1月の寒さが厳しかったせいか、担当の2名と、新規で紹介された入院中の方が

そのまま2名亡くなられ、4名もの方が急逝された。

S会に所属していた頃 『臨終には後生への恐れと後悔が交互にやってくる』

とよく聞かされた。

火車来現の絵を見せられて、『臨終の苦しみを今出して、火だるま抱えた気持ち

で聞け』とも言われた。

でも、介護に10年以上関わってきたが、死や後生の不安を口にする方は

ほとんどいなかったし、そんな亡くなり方をした方もいない。

超高齢の方が亡くなるときは半日~1・2日で急逝される。

高齢になると肉体の感覚も鈍くなるのか若い人のような痛みは感じないらしい。

骨折していても痛みを訴えない人もいる。

また、意識も思考もぼやけてくるのか、難しい思考はできなくなってくるようだ。

記憶力が減退すると論理的思考は難しい。

臨終に意識が薄らいでいって呼びかけにも反応しなくなり、息を引き取られる。

いつも今を生きていて、その日常生活の延長上に死の時が来るという印象。

老衰は、意識も肉体の感覚も弱まり鈍くなっているため、臨終になって

急に鮮明な認識・感覚になるとは考えられない。

脳の働き自体が弱くなるので、レム睡眠の時の夢の世界とも異なる。

S会では死の恐怖を煽られていたと感じる。


南無阿弥陀仏(m)

往生一定

かつてS会で『往生一定 御助け治定』というお言葉を聞いていたときは、

(救われてこのように宣言できる身になった人の心は、一等賞になって

トロフィーをもらって高々と掲げているような、誇らしい晴れ晴れとした

気持ちになるのだろう)と思っていました。

「人生の一大事業を成し遂げたぞ!!」というような。

ところが、今このお言葉を味わうと、ひとえに阿弥陀仏のお慈悲の賜であり

阿弥陀様のご苦労であり、南無阿弥陀仏の大功徳であり、自分は何の役にも

たっていないとはっきりするので、申し訳ないやらありがたいやら・・。

「御苦労をおかけして申し訳ありませんでした。ありがとうございました。」

ただ、頭を下げるばかりなのです。 南無阿弥陀仏  (m)
プロフィール

ぶりぱぱ&まま

Author:ぶりぱぱ&まま
平成21年に親鸞会を退会しました。
会員歴は長い方と思います。
連絡先:burimama18(Gメール)

カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。