スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上の子が小さい頃からピアノを習っていることや、下の子が管弦楽部に

入部していることもあり、クラシックに触れる機会が多い。

自分は超田舎で、歌謡曲は聞けど、クラシックとは無縁に育ってきた。

学校でベートーベンやモーツアルトの名前は習ったが、知っているのは

第九位で、クラシックとは音の強弱があって長くて退屈なものという

イメージしか無かった。

ところが、ピアノ曲はクラシックが多い。ソナチネを終える頃から

特に、曲も長くなる。

管弦楽も4楽章構成とか多い上、1曲が長い。

眠くなる代表くらいに思っていたのに、子供が演奏するとなると目も

パチッと開き、耳もそばだてて、気合が入る。

子供の影響で、クラシックのテレビやCDを聞かされる・・・と、

だんだんクラシックが好きになってきた。

作曲家によって曲の雰囲気がずいぶん違うなとか、同じテーマが何回も

形を変えて出てきて心地よいなとか、色んな楽器の音色の感触や強弱が

複雑にからみ合ってとても美しいなとか、感じるようになった。

縁によって好みも変わってくるのだな・・と思うと、つくづく縁の

大切さを感じる。

南無阿弥陀仏の広大で温かい尊い救いの法も、聞く先生を選ばなければ、

狭くて厳しくて排他的な教えとしてネジ曲げられて伝わってしまう。

知識選びが大切ですね。 南無阿弥陀仏  (m)



スポンサーサイト

雑行の勧め?

「心がけが悪いから捨てよと言われるのであって、もの柄は善なのだから、

善を捨てよではない」 という言い方について。

○2歳くらいの子がヨダレでベトベトになったアメ玉を泥のついた手で「どうぞ」と

差し出す。          ほしいですか?

 その手で差し出したものがどんな状態のアメ玉か分かっていたら、あげれない。

 「善だぞ!」とピカピカのアメ玉をだしているつもり。でも実際は煩悩でべトベト

 で、自力の 臭みいっぱいの善。そんなものを差し出して[悪くなかろう」と

 思っているのです。

○毒入りの味噌汁を差し出されて飲めますか?

 「具がいっぱいの美味しい味噌汁です。毒も入っていますが、毒以外は最高

です。」と言われても、飲めません。

 毒と味噌汁を分ける事はできないのです。

 悪い心がけに汚染された善を差し向けても、それは汚く醜く浅ましいものです。

--------------------------------------------
 雑行がいかに浅ましいものか。「心がけが悪いだけ・・」というその心がけが

どれくらい悪いのか、どうして悪いのかわかっていないから、[捨てよ」と言わ

れる雑行を、「心がけが悪いから雑行といわれるのであって、行い自体は善

だから、善を捨てよではない」などと平気で言えるのだと思う。  (m)

コメント有難うございます。

前回の記事に対して、珍しく現役の親鸞会会員と思われる方からの書き込みがありました。
こういうブログを読むことが、会に対する疑問を持つきっかけになればと願うばかりです。


さて、ご自分の意見を述べられるのは結構なことだは思いますが、お願いをしておきます。

1.文章の意味が相手に判るように書いて下さい。
  これは親鸞会の人の文章の特徴ですが、それぞれの文と文の関係が判りません。
  意図的かどうか判りませんが、接続詞が省略されている為だと思います。
  発行物や会長の文章がそうですから、会の中ではそれで通用するのかもしれませんが、
  会の外では通用しません。
  

  一例を挙げておきます。他の2回のコメントも同様です。
  書き込みされた方は一度読み返されることをお勧めします。

------------以下「沙汰好き」さんのコメントを引用-------
 
  失礼します。はじめまして。

  *それは大変でしたね。

  ①往生は一人一人のしのぎであります。

  ②煩悩具足の人間が、追い込まれるのは、真実の教えからのみです。

  ③貴方の仰っていられることは、逆の意味になってしまいます。

  ④大変だったとおもいますが、それは、親鸞会のせいではありません。

  ⑤そんなはずはない!とお怒りでしょうか。

  ⑥貴方なら本当はお分かりでしょう。

  ⑦しかし、それがわたしたち、煩悩具足の姿なのであります。

-----------------------
  ①と②の文章の関係が判りません。
  ③逆って何?どれとどれが逆ですか?
  ④これを*印の後に書けば判ります。 
  ⑤怒っていると想像をしているのでしょうか。それとも質問ですか?
  ⑥分かっているはずだという想像をするのは勝手ですが、同意を求められても困ります。
  ⑦「しかし」という逆説が⑤にかかるのであれば⑥の文章は余計です。

「親鸞会のせいではありません」と言いいたいのなら、なぜそう思うのか根拠や理由を書かなければなりません。
そうでなければ誰一人あなたの意見に同意する人はいません。それ以前に何がいいたいのか判りません。
「お分かりでしょう。」で終わるのは説明を放棄したことになるのです。


別のコメントではブログを閉じるべきと書かれていますが、これも意味不明です。
「恨んでないと主張されるなら、このブログは閉じるべきです。」
恨んでいないと主張することと、ブログを閉じる閉じないと言うことがどう関係するのか、説明がありません。

これらは単なる文章の問題では無く、会の体質に深く根ざしています。
「理由はお前は分かっているはずだ。自分で考えろ」という言い方は、会(=会長)が好んで使う言い方です。だから会員は訳の分からない話を聞いても、自分の頭の中で付け加えて聞いてしまう癖がついているのです。これは卑怯な方法です。なぜなら、後からいくらでも「わしはそんなこと言ってない」「聞き誤りだ」と言い訳できるからです。

2.現会員に対するメッセージについて
何が良い縁であるか判断するのは「一人一人のしのぎ」ですから、読まれた方が判断することです。
ですから、現会員に対するメッセージのようなことを書かれても構いません。従って、ここに書かれた書き込みは削除せずに保存します。ある意味標本と考えています。
しかし、「沙汰好き」さん考えてみて下さい。ブログのコメント欄に批判や違う意見を書き込むのは良いと思います。でも一応ブログと言うのは個人の主催の下に行われている、言わば日記のようなものです。退会者のブログのコメント欄に現会員向けのメッセージのようなものを書き込むのは、まともでは無いと思いませんか?
私が会員であった時のようにお触れを出せば良いと思うのですが如何でしょうか。「見てはいけない誹謗サイト一覧」と言うリストが通達されたことがあったはずです。

以下は、会員の方に対するメッセージです。

浄土真宗親鸞会では、会の教えのこの部分が正しく、この部分が間違いと言うような聞き方は許されていません。高森会長の教えていることは全て正しいという大前提の上に成り立っている会だからです。従って少しでも誤りがあってはならないのです。だから決して自らの間違いを認めません。間違っていても、会の中にいる限りは正しいと信じるしかありません。若し本当に「往生」を願う人であれば、教えに誤りがあると判ったなら、会が解散しない限りは即座に離れるしかありません。(P)

犠牲と反省と・・

上の子がまだ4歳で、下の子は1歳半だった頃・・

当時は全国あちこちで週末ごとに高森会長のご法話があり、

「信心決定は宿善任せ。宿善を厚くするには 一に聴聞」と聞かされ

信心決定したい一心で、大きな赤ちゃんの荷物と聴聞グッズを抱え、下の子を

抱っこし、上の子は歩かせて、あちこち聞きに出かけていた。

会場と駐車場が離れていたある場所での聴聞が終わり、主人が「車を出して

来るから」といなくなり、会場の玄関前で30分待っても来ない。

ずっと赤ちゃんと荷物を抱いていて疲れていたこともあり、上の子を歩かせ

駐車場へ向かった。徒歩15分。

着いたが車がない・・!入れ違いと思い、また会場へ戻った。会場の中も探すが

いない。20分経過。おかしい、もう一度見に行こうと再度駐車場へ向かった。

向かう途中、駐車場の手前で上の子が歩道で転んで泣きだした。

暑い中大きな荷物と赤ちゃんを抱え、自分も疲れていた私は、なぐさめもせず

「何でこんな平らなところで転ぶの!早く立って!」と泣いている息子に怒鳴っていた。

ひざをかかえて痛がる息子に「早く立って!」とどなる母親は鬼だった。

結局、駐車場から再度戻って主人とは会えたが、1時間以上かかった。

そこからまた7時間かけての帰宅だったのだ。

明日はまた仕事がある、子供は保育園がある、一刻も早く帰宅したい。

信心決定のためにいかねばならない会長の法座と、生きるための仕事と、

日常生活のやりくりで、くたくただったあの頃。

子供が熱を出しても(熱があるから、聴聞に行けなくなった。=信心決定が

遅れる。)と思い、(こんなに気をつけているのに、なんで熱出すの!)と

すごくいらついていた。世話をしながら(子供のせいで聴聞に行けない。)と

思っていた。

こんな自分のことしか考えていない親だったのに、よくぐれもせず育ってくれた

と思う。ときどき思い出しては、悪かった、悪かった、自分は鬼だったと思う。

かわいい子供の心を傷つけていたと思う。

転んだあの時、片手でもいいから抱き起こして「大丈夫?」といって撫でて

あげればよかった、もっとゆっくり歩いてあげればよかった、ごめんね、と思う。

明日があるから、一刻も早く帰って色々しないといけないと、頭が一杯だった。

間違った教えは、煩悩具足の人間を追い込んで、心と体のゆとりを奪い、人間性を

なくさせてしまうと思う。

やめれてよかった。子供へのおわびを込めて・・南無阿弥陀仏。  (m)
   

プロフィール

ぶりぱぱ&まま

Author:ぶりぱぱ&まま
平成21年に親鸞会を退会しました。
会員歴は長い方と思います。
連絡先:burimama18(Gメール)

カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。