スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対の幸福という言い方

阿弥陀仏のお約束は「どんな人をも 必ず助ける 絶対の幸福に」だと、

親鸞会のご法話のたびに聞かされ、何の違和感もなく聞いていたが、

この表現は不適切だと今は感じる。

阿弥陀仏の誓われた信楽とは、「我が国に生まれんと欲うて」と本願に

あるように、阿弥陀仏のお浄土に生まれられるとおもう心であるから、

視点は、大河の流れの1滴と言われる今生のことではなく、未来永遠

の後生が問題にされている。

それを「絶対の幸福」と表現し、相対の幸福と比較して「変わらない幸せ

になれる」ということで、今の人生の幸せに視点が行ってしまっている。

往生極楽を抜きにした本願などないし、往生極楽が定まったのが信心である

から後生こそ大問題であるのに、「絶対の幸福に助ける本願だ」と言って

いては、後生という肝心要の視点が抜けた表現となっており、まことに

不適切な表現だと感じる。           (m)
スポンサーサイト

愛情

実家の母から庭でとれた柿が送られてきた。

色は関係なしに下から順に取ったといっていた通り、色も硬さもまちまち。

とろとろに熟して柔らかくなったものから頂こうと、手で皮を向きかぶりついた。

パクっとほおばって、今は亡き祖母を思い出した。

祖母は、熟しきったとろとろの柿が大好きだった。

おばあちゃん子だった私は、よく真似をして熟柿を食べた。

種の周りだけ食感が変わって、ツルッとして少し歯ごたえがありおいしかった。

何も買ってもらったこともなく、ほめられたことも怒られたこともなかった

けれど、いつもただ心配し、世話を焼いてくれた祖母。

そんな祖母からの愛情には1点の疑いもなく、私は祖母が大好きだった。

阿弥陀様のお慈悲は、私に何も要求されることなくひたすら一方的に

注がれる。

その愛情を全身にあびて、ただ満足でありがたく、いつもほのかな安心感に

包まれている。

どっぷり包まれているから、思い出しても良い、思い出さなくても良い。

気楽な南無阿弥陀仏。    南無阿弥陀仏  (m)

信じる

高校生の頃、キリスト教の神を信じたくて、でも信じられなくて

「信じよさらば救われん」の言葉を見聞きするたびに、

(疑い深い自分は救われない。どうしたら信じられるのだろう?

だいたい信じるってどういうことだろう?)と悩んでいた。

当時は、(神でも仏でもいいから本当に存在するなら目の前に現れて

ほしい。そうすれば疑い深い私でも信じられるから・・。)と思っていた。

でも今ハッキリ言えることは、その考えは間違いだったということ。

たとえ目の前にハッキリ現れてもらえても、その体験の感覚も記憶も

時間とともに薄れ、やがて(あれは本当だったのだろうか?白昼夢でも

見たのでは?)となって、あやふやになっていただろう。

阿弥陀様は今現在説法・・常に今「ただ今救う」と呼び続けられている。

常に今の救いなので薄れることも消えることもない。

信じたのではない。信じる信じないという私の思いに関係なく、

阿弥陀様が呼んでいて下さるということに疑いが無くなって、

信じさせられてしまったのだけれど、それは過去の体験ではなく

常に今の体験、常に今、今、今・・不思議な南無阿弥陀仏。  (m)

お礼

10月1日(月)から人事異動で別の部署に配属となった。

異動の連絡を聞いたのは土日を入れて4日前の午後。

大慌てで引き継ぎを始め、1週間かけて何とか終了。

来週からは次の部署での引き継ぎが始まる。

異動なんて知らないから先月も新規を3件受け、2件はまだプラン調整中。

介護のプランは新規で受けてから落ち着くまでに3ヶ月~半年かかる。

初回は6ヶ月で更新があり、それを終えると保険期間が1~2年出るので

ほっとできる。

とはいえ皆高齢で病気持ちのため、亡くなられたり入所されたり入院

されたりと落ち着かない。常に新規を受け続けることになる。

新しい部署は残業も多く、家に帰ると家事が待っているので、法話どころか

本さえもなかなか読めないでいる。研修も多い。

そんな時頂いた法友のメールに心が和んだ。

『お称名ひとつが御恩報謝にそなわるという教えでよかったですよね(;・∀・)』

自分で選んでおきながら(何でこんなに働かないといけないの)などと愚痴。

阿弥陀様のご恩は忘れっぱなしなのに、(忙しいから仕方がない。)と

開き直っていた我が身。

メールに感謝しつつ、お念仏を称え、(横着で申し訳ないな・・)と反省。

本当に、お称名ひとつが御恩報謝にそなわるという教えでよかった、です。

南無阿弥陀仏のお慈悲ですね。南無阿弥陀仏。  (m)


プロフィール

ぶりぱぱ&まま

Author:ぶりぱぱ&まま
平成21年に親鸞会を退会しました。
会員歴は長い方と思います。
連絡先:burimama18(Gメール)

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。