スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業式その2

上の子の引越しの準備やらなんやかんやで用事が多い3月でしたが、

自分の国家試験も無事合格し、すっきりした気分で通信教育の大学の

卒業式に出れました。

通学制の若い方々と通信の幅広い年代の方々がちょうど半々くらいでした。

淡々とおごそかに式は進み、卒業証書も受け取りました。

この当たり前の何の変哲もない大学の卒業式でさえ、親鸞会在籍時は

活動ででれなかったな・・親鸞会一色の大学生活だったなと、改めて

特殊な中で青春時代を過ごしてきた異様さを感じました。

親鸞会を中心に毎日の時間も、自分の世界も動いていました。

周り中が無意味な人生を送っている中で、自分は人生の目的に向かって

宿善を求めるという、崇高で有意義な人生を送っているのだと

思い込んでいました。

でも、生きるために生きる、あれこれ悩みながら生きる、煩悩に

振り回されて右往左往しながら生きているのが、本当の自分の生き方で

そういう者のところに降りてきて寄り添って下さる南無阿弥陀仏でした。

親鸞会の中で「光に向かって進んでいる人生」という仮想の世界を信じ

ずいぶんと傲慢な思いあがりな考えであったと恥ずかしくなります。 (m)


スポンサーサイト

桜咲く

息子が志望大学に無事合格したので、急遽部屋探しのため

現地に向かった。

部屋も決まり、せっかく遠くまで来たので、せめて有名な〇〇城を見学して

帰ろう、と出かけた。

たくさんの展示物や映像を堪能し、入り口とは別の門から出た時、はっと

気付いた。(この門の当たりに来たことがある・・!)と。

思い起こせば親鸞会の法座が全国各地であった頃、この近くのホールでもあり、

2~3回来たことがあった。その時一度、近いからと昼休みにお城の門まで

歩いたのだった。

当時は全国・・いや、海外まで出かけていても、本当にトンボ返りで観光など

したこともなかったし、する暇もなかった。(今は大分違うようですが・・、。)

お城に入ると、庭には蓮如上人ゆかりの松株や南無阿弥陀仏と刻まれた石碑もあった。

本当にゆとりのない生活をしていたな・・とあらためて感じた。  (m)

宿善になる行為

親鸞会の教学聖典で「宿善が厚くなる方法」として

1.熱心な聞法 2.五正行の実践 3.六度万行の実践、と教えられてきた。

一方で、「獲信は宿善まかせ」とも繰り返し聞かされていたため、(親鸞会の教え

に従って宿善を厚くして救われよう。)と思っていた。

高森会長の「谷本禎三氏はあと1回でも勤行が足りなかったら信心決定が間に

合わなかったかも知れない。」との座談会での発言もあり、

自分のする聞法という行為、勤行という行為、法施・財施という行為が獲信に

必要不可欠と信じていた。

遠くの阿弥陀仏に向かっていばらの道を進んだ先に、エレベーターで一気に

屋上に上がるような阿弥陀仏の救いがあるのだろうと考えていた。

本当は、聞法も、勤行も「今聞き分けよ」「ただいま救われなさい」のお勧め

なのに、只今の阿弥陀仏の救いが抜けて、救いを遠くに追いやって、自分の行為

ばかり心にかけていた。

浄土真宗において「宿善になる行為がある」なんて、なんと阿弥陀様

泣かせで、我が身知らずのおそろしい教義だったのだろうと改めて思う。

間違いを教えられていたとはいえ、恥ずかしい浅ましいことでした。

           南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏  (m)
プロフィール

ぶりぱぱ&まま

Author:ぶりぱぱ&まま
平成21年に親鸞会を退会しました。
会員歴は長い方と思います。
連絡先:burimama18(Gメール)

カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。