スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

善は救いとよい関係?

mixiでこうへいさんから頂いた返事。

>”獲信の因縁になる(救いとよい関係にある)ものであった”
>”どんな小さな善もすべて獲信の因縁であった”という心は、
>廃るのではなく、反対で、一念で救われてからずっとあります。
>(ここで因縁とは、役に立つという意味ではありません)

「どんな小さな善も、救いとよい関係」
「どんな小さな善も、救いと悪い関係」
「どんな小さな善も、救いと無関係」 との違いは何か?

「この食物は健康とよい関係」
「この食物は健康と悪い関係」
「この食物は健康と無関係」という例で考えてみた。

健康と無関係=健康に影響がない=食べても食べなくてもよい
健康と良い関係=健康に良い影響がある=健康に役立つ=食べたほうがよい
健康と悪い関係=健康に悪い影響がある=健康に害がある=食べない方がよい

どんな小さな善も、救いとよい関係
=救いによい影響がある
=救いに役立つ(役立たないなら、無関係ですよね!)
=善をやったほうよい

善知識方は、”雑行を捨てよ”であって、”諸善を捨てよ”ではありませんが、
”救いとよい関係にある善”は”雑行”であり、捨てものですよね・・。 (m)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぶりぱぱ&まま

Author:ぶりぱぱ&まま
平成21年に親鸞会を退会しました。
会員歴は長い方と思います。
連絡先:burimama18(Gメール)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。