アニメ頒布

『世界の光親鸞聖人』のアニメができたとき、

「これは現在のご文章だ。世界中に真宗改革の波が起きる」と言われ、会員は

販売員となって、アニメ頒布(販売)活動が活動のメインになった時期があった。

ある高齢の会員が、たまたま「孫の結婚式がある」と言ったとき、担当講師は

「引き出物にすればいいから」と、有無を言わせず10本アニメを置いていった。

講師の指示はT先生の指示と教えられる。置いて行かれたものを返せない。

従っていくのが宿善を厚くする道だから、言われるまま15万を渡し、アニメを購入。

結局、渡せたのは2本。残りは、部屋の押入れにお蔵入りした。

10年以上経ってから初めて口にした事実。「他人に言ったのは初めてです。」と

言って、話して下さった。

長い間ご法座のお世話もしてこられた方。

その方も販売員だから、”自分でプレゼント用に購入”とすれば(当時は)10万円だったのです。

それなのに、担当講師が販売したことになっており、言われるまま定価で支払い。

アニメ頒布目標があり、講師も本数を出すのに必死だったのでしょう。

大人しい、言うことを聞く会員に、目標を達成する為にアニメを押し付けたのです。

その方が亡くなった後、8本もの同じアニメを見つけた息子さんは激怒されました。

他にも色んなことがありました。

「誰よりも光に向かっているのが講師部」と言いながら、実際は販売目標に追われ

煩悩丸出しの、世間以上にえげつない事でした。

悲しい思い出のひとつ。   南無阿弥陀仏 (m)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

これはひどい

それは息子さんは激怒するでしょうね。。。
偽善とは人の為と言って善をすることだとTS会は教えていますが、会長や講師が「会員さんの為」と言っていることこそ偽善であると強く感じます。

No title

コメントありがとうございます。
講師の目は会長にしか向いていないんですよね。
亡くなられたその方を思い出すたびに、今残っている人達にどういう形でも、どこからでもいいから、S会のおかしさに気づいてもらわないといけない、そういう責任があると感じます。
微力ではあっても、出来ることを少しずつしていきたいです。
プロフィール

ぶりぱぱ&まま

Author:ぶりぱぱ&まま
平成21年に親鸞会を退会しました。
会員歴は長い方と思います。
連絡先:burimama18(Gメール)

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR