スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンウイーク

3日は毎年恒例の実家の田んぼの手伝い。

とはいえ高速道路は大渋滞で、いつもなら3時間の道が7時間半かかった。

総勢8人での作業は、天候にも恵まれはかどった。

日焼けしにくい曇り空。風もない、少し涼しいくらいの気温。

夜一泊し、そのまま足を伸ばして『法然展』を見に、京都国立博物館に出かけた。

絵巻物、仏像、貴重な書簡の原本。自画像。絵画。お手紙。

往生要集、選択本願念仏集はもちろん、膨大な資料に圧倒された。

臨時バスも出て、たくさんの人が熱心に見ておられた。

親鸞聖人は大学者で、波乱万丈の一生を送られたすごい方と思ってきたが、

その師である法然上人も桁違いにすごい方だと感じた。

聖道門仏教しかなかったまっただ中に、浄土仏教を打ち立てられ、

天皇から、武士、農民、漁民、遊女、他宗の僧侶に到るまで、あらゆる人を勧化

され、いろいろな立場の人が法然上人を慕ってお弟子となった。

阿弥陀仏の本願は広まり、名もなき民衆がたくさん念仏の人となり、名前を連ねて

書き残されていた。

法然上人を非難した人々の朝廷への訴え文や反論集も展示されていた。

法然上人の影響を受けた当時の人々の息遣いが伝わってくるようだった。

南無阿弥陀仏に生かされ、阿弥陀仏の本願ひとつに生きられた法然上人。

法然上人が現れてくださったなればこそ、今この時代に、当時の人々と同じく

本願を聞き、念仏を称えて生きられる幸せの身になれたのだった。

法然上人のご恩を強く知らされるご縁となった。

そして、感動さめやらぬ今日から、早々と仕事が始まった。

生きることに追われる毎日だけれど、本願を聞かせて頂き、本願に生かされる幸せ、

ありがたさ。

時々念仏しながら、いっぱい愚痴もこぼしながらも、阿弥陀仏のお心のままに、

浄土への1本道を進ませて頂ける幸せ。

とても、充実したゴールデンウイークだった。 南無阿弥陀仏   (m)

PS、本当は親鸞展も行きたかったけれど、時間が足りずちと残念。でも大満足でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

田んぼのお手伝い御苦労様でした。

私は日本海で 魚釣りをしてました。
のんびり 釣り糸をたれながら 
 波の音を聞いては 南無阿弥陀仏
 夕日を見ては  南無阿弥陀仏
とお念仏させて頂いて のんびりと休日を
楽しんでいました。 

「人生の目的」と早朝のチラシ配りや
講演会に走りまわって あきらめと 身内で誉めあう
自己満足の世界 組織のためにどう生きれば上から
「良いご縁」と喜んでもらえるのかと
より周囲に 認めてもらえる活動を 優先して
阿弥陀様の御心を 後回しにしていた
数年前が 遠い昔のようでした。

会の人には 往生と組織のための活動とは
全く別問題であることぐらいは 気付いて欲しい
と思いました。

で、釣果は?って えーとりあえず 今年最初の1匹を
釣り上げました。(25センチ位の鯵)

私は京都人ですが 京都の催しを他府県の
方から 聞いて初めて知ります。
京都ってすごい街ですね(笑)。

明日はプロ野球観戦です。
お休みなさいませ。

No title

おすぎ様
 コメントありがとうございます。
趣味が色々あるんですね!
>波の音を聞いては 南無阿弥陀仏
> 夕日を見ては  南無阿弥陀仏
縁に触れては出てくださるお念仏がありがたいですね。
阿弥陀様が目の前まで来てくださっていたのに、
親鸞会時代はそんなことも露知らず、身も心もキリキリしながらの毎日でした。
既に満ち満ちて下さっていた南無阿弥陀仏でした。
プロフィール

ぶりぱぱ&まま

Author:ぶりぱぱ&まま
平成21年に親鸞会を退会しました。
会員歴は長い方と思います。
連絡先:burimama18(Gメール)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。