スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦毒

 『 身は諸々の苦毒なかに終わるとも  我が行は精進にして忍びてついに悔いず 』 (重誓偈)


   このお言葉は 阿弥陀仏が法蔵菩薩であらせられた時 「修行の苦しみに耐え忍んで

   必ず仏の悟りを開こう!」 との決意表明だと 理解していました。

  
   今は、阿弥陀仏が既に命を投げ出して 南無阿弥陀仏となられ、わたしの疑いと謗りの

   苦毒(煩悩)の真っ只中に飛び込んで、「 必ず聞かせる 必ず往生させる 」と

   ずっと呼び続けていて下さった事なのだと、思い至りました。

   「 疑われてもかまわない  謗られてもかまわない 

     どんなつらい思いをしても 必ず助けてみせる。」

   ずっとずっと昔から・・ 今現在も・・ これから先も・・ 命をかけるぞ、と。


   十方衆生すべてが往生するまで 阿弥陀仏の命がかかっている、

   かかり続けているのですね・・。              (m)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぶりぱぱ&まま

Author:ぶりぱぱ&まま
平成21年に親鸞会を退会しました。
会員歴は長い方と思います。
連絡先:burimama18(Gメール)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。