スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

驚きが立った?

「自分は後生の一大事に驚きが立った」という発言を複数の会員から間接的に聞きました。

おそらく親鸞会でいう”求道”の出発点か、通過地点のことなのでしょう。つまりこうなります。

1.この人のように驚きが立った人と、まだ立っていない人がいる。

2.まだ驚き立っていない人は求道がそこまで進んでいない、あるいは始まっていないからまずこのような境地に至る必要がある。

3.自分は未だ信心獲得はしていないが、まだ驚きが立っていない人よりも求道(信仰)が進んでいる。

自分は信仰が進んでいると自己満足しているのでしょうが、騙されているのです。

浄土真宗に於いて、まず後生の一大事に驚きがたたなければ救われないなどという事はありません。

救いに条件を付けて教える間違った指導者を一刻も早く棄てましょう。

仏智うたがふつみふかし
この心おもひしるならば
くゆるこころをむねとして
仏智の不思議をたのむべし
(誡疑讃)

(P)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「自分は後生の一大事に驚きが立った」というレベルが引き下げられたのでしょうね。
親鸞会理論では、誰も驚きが立っていなかったら、誰も救われないのですから、それでは平生業成にならないので、平生業成の可能性だけは残して、目の前にぶら下げた遠くの人参を近づけて速く走らせる狙いがあると思われます。
飴と鞭のつもりでしょうが、会員にとっては雨と無知なのかもしれません。

Re: No title

飛雲様

人参とは、その通りですね。
赤い石とかよく言っていましたが、結局無限に走り続けさせられるだけだということに気付いて欲しいものです。

プロフィール

ぶりぱぱ&まま

Author:ぶりぱぱ&まま
平成21年に親鸞会を退会しました。
会員歴は長い方と思います。
連絡先:burimama18(Gメール)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。