スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新入生勧誘1

S会の活動実態について

新入生勧誘1

新入生勧誘については「真偽検証」でも扱われていました。他にも実態を紹介したサイトが有ります。私が関係していたのは相当昔ですが、長い間深く関与してきました。いわば加害者の立場ですので書くことには躊躇がありましたが、勧誘側からの実態を書いてみました。これを検証し実態を明らかにすることは、今後私達が過ちを繰り返さない為に必要なことかも知れないと考えました。自分が何故あんな団体に引きこまれたのか反省することは重要です。しかし、勧誘側が巧妙な罠を仕掛けていたという事を知らなければなりません。その手口を解明することもS会で受けた心の痛手を癒す助けになるのではないでしょうか。

 S会が一時期急速に勢力を拡大できたのは学生の勧誘成果が上がっていたからだと思われます。S会の人材供給の中心は学生部門です。現に講師部員は殆ど学生部(現学友部)出身では無いでしょうか。試行錯誤の結果、学生の勧誘手法を確立した中心がH講師であり、彼が率いたのが某地区の学生部だったのです。彼らは効果的に新入生をS会に引き込むシステムを構築していました。勿論地域の特性によってやり方に違いはありますが、やがてその手法は各地に波及します。というより成功した手法を共有し情報交換をしていました。福井で行われた幹部の合宿でその手法を持ち寄り、コンテストのようなことが行われたこともあります。賞金まで出ました。

学生部門の活動(S会用語)の中心は新入生の勧誘(新勧)です。
学生部門のみならず、会の組織の総力を挙げて実施する活動といえます。従って単なるサークルの勧誘とは全く違います。緻密に計画され、大量の資金・人材を投入して大規模に行われるものです。講師部、場合によってはOB(昔の青年部、最近では支部幹部)まで応援に行きます。相手は高校卒業したばかりの実質高校生です。そのため素直で勧誘がしやすいのです。このことを「世間に染まっていない」とか言っていました。
  
準備を箇条書きにします。
  3月期の勧誘のために準備は半年ほど前から始まる。
  各大学の近くに多額の費用をかけて部室を借りる。S会名義です。
  一斉勧誘の計画・準備、サークル名の決定
  声をかける練習(実際に勧誘役と相手役に分かれて練習する)
  質問に対する答え方の練習(想定問答集による練習)  
  部室の押入れには驚くほど膨大な資料が蓄積されています。
  話のネタ本の作成
  部室の作り替え(仏壇を隠す等)  
  学内で管理が甘く勧誘に使用できそうな教室を調べておく
  できれば勉強等の理由で教室使用許可を取る。
  当日新入生を連れ込んでいることが発覚して大問題になったこともありました。
  学生食堂に「卒業パーティーをする」とか言って理由をつけて貸切の予約をする。
  部会の準備:原稿を書いて暗記して練習する。
  テープに録音して提出して学生部長が聞いて資格認定をする。
  その認定がないと部会はできない。
   
続く--
(P)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぶりぱぱ&まま

Author:ぶりぱぱ&まま
平成21年に親鸞会を退会しました。
会員歴は長い方と思います。
連絡先:burimama18(Gメール)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。