スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真摯な親鸞学徒

親鸞会(S会)で親鸞聖人750回忌の行事がなされますが、その行事に参加するには条件があるそうです。

ある会員の人から「750回忌は真摯な親鸞学徒でなければ参詣できない」と通知があったと聞きました。

「親鸞会以外のところで聞いたり、親鸞会以外の本を読んだりする人は、真摯な親鸞学徒ではない」というのです。

例えば当ブログの様にS会に対して批判的なことを書いているサイトやブログは誹謗サイト・誹謗ブログと言われているそうで、それを読んだり、S会を”誹謗"する者たちと接触している人は真摯な親鸞学徒ではないので参加できないという事だそうです。

事実、参加するつもりでいたのに、「今までの言動を反省しなければならない」とか「参加できるかどうか検討する」「あなたは参加できない。」と言われた人が有ったと聞きました。

私からすれば、ちょうどいいからこれを機会に辞めればいいと思うのですが、それにしても情けないことですね。

キーワードを抜き出しておかしさを指摘しておきます。

1.真摯
 辞書をひくと”まじめで熱心なこと”とあります。しかしこの会では真面目に正しい教えを追及することは真摯では無く、指導者や団体の指示を信じて、疑問を持たないか、持っても表に出さないことを真摯というようです。

2.親鸞学徒
S会では会員のことを学徒と呼ばせています。
以前にも書きましたが、自分たちだけが親鸞聖人の正しい教えを学んでいるといいたいのでしょう。

つまり、ここにS会の本質があるのです。
「S会(会長)だけが正しい真宗を教えている=他は全て誤りである。」
全ての前提がここにあります。逆に言えばこの大前提無しにS会は存在できません。

例えば、過去の盗作の件を知った人は、当然ながら「この人は本当に唯一の善知識と言えるのか」と疑問が起きます。
このような疑問が生じた人に対する対処が最初に書いた「真摯な親鸞学徒でなければ参加できない」です。 
腐った蜜柑と同じだとでも思っているのでしょうか。切り捨てることしかできないのです。
S会(会長)の教え自体に疑問が生じた人対して「あなたは真摯でない」と言って何の意味があるのでしょうか。
  
3.誹謗
 このブログではS会を批判していますが、根拠無く中傷している訳ではありません。

「誹謗」という言葉は、第十八願の「誹謗正法」のお言葉を想起させる言葉です。「誹謗」という言葉を使うことで、何か大変な罪を作っているような印象を与える効果があります。そんなサイトを見ること自体が罪悪だと思わせたいのでしょう。

しかし、私たちはS会教義、S会の言動を批判しているのであり、仏教(=正法)を謗っているわけではありません。
S会は親鸞聖人の教えを正しく教えていないですよ、間違って教えることは本願への大変な謗法ですよと言っているのです。

外からの批判は無視し、疑問を持った会員を真面目に説得することもできない。
その努力もしない。それどころか聞きに来ようとしている人を拒否する。
これが今のS会の実情です。会員の人はよく知って欲しいものです。

『他力の信をえん人は
 仏恩報ぜんためにとて 
 如来二種の回向を
 十方に等しくひろむべし』

親鸞聖人の教えと反対にどんどん内向きな団体になってきているじゃないですか。(P)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです。
ちょっと前に転職されることが書かれていました。
大変ですが前向きですね。
さすがです。
頑張っていると思うので無理しないようにしてください。
また、じっくりお話ししたいですね。
では、また

P.S
先日、現役の会員と話す機会がありましたが、
「おかしい」教えは「おかしい」ままに受け止めておくという感じでした。
これは「おかしい」教えだけれどもいいのだと思いこんでおられました。
マインドコントロールされている状態なのでしょう。
「おかしい」ことに「おかしい」と気付かされるには時間が掛かりますよ。

私は、遠く宿縁を喜べです。

Re: No title

とくよしみね様
コメント有難うございます。

> 「おかしい」ことに「おかしい」と気付かされるには時間が掛かりますよ。
時間は関係ないと思いますよ。
いつになるか判らないですが。

>遠く宿縁を喜べ
同感です。

No title

とくよしみね様
 あたたかいメッセージをありがとうございます。
今年から2~3年はやらないといけないと思っていることがいくつかあり、努力していきたいと思っています。
体力がほしい~。

どっぷりつかっていた親鸞会。教義のおかしさになぜ気づくことができたのか・・キセキのようにも思え、ありがたくて思わず念仏。自分が親鸞会を辞めることがあるなどど、二十何年間、「絶対ない」と思って来ましたから・・。
阿弥陀仏のお導きとしか思えません。あのまま気付けないでいたら、大変なことでした。
プロフィール

ぶりぱぱ&まま

Author:ぶりぱぱ&まま
平成21年に親鸞会を退会しました。
会員歴は長い方と思います。
連絡先:burimama18(Gメール)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。