スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1回の勤行

親鸞会で 獲信体験談が真っ盛りだった頃。

岐阜支部長だった谷本氏の『獲信の記録』は、テーブやビデオとなり販売されていた。

(自宅にあります。)

専任講師も説法で話によく使っていた。

また、記念行事でも、映像になって 大々的に宣伝されていた。


あるときの座談会での会長談。

「谷本さんは1回もお勤めを欠かさなかった。海外に出張に行くときは勤行ができないので

その分家で勤行をしてから出張に出かけていた。

あと1回勤行が足りなかったら、獲信できなかったかも知れない。」

勤行の回数で、信心決定が出来るかどうかが別れたとの発言。


そうそう親鸞会の教学テキストでは、宿善が厚くなるものを順番付けして

1、熱心な聞法  2、五正行の実践(勤行) 3、六度万行の実践、とあったっけ。

聴聞や勤行を 行の実践として並べて教え、行によって宿善が厚くなり、

救われると 教えていたんだよね。

聴聞や勤行は「今本願を聞信しなさいよ、救われなさいよ」とのお勧めであって、

行をすること(手段)で宿善を厚くして救われなさいよ(目的)ではないのだけれど、

行にこだわっている親鸞会には わからないのかも。 

自力の行は、救いには一切間に合わないのですが・・。   南無阿弥陀仏  (m)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぶりぱぱ&まま

Author:ぶりぱぱ&まま
平成21年に親鸞会を退会しました。
会員歴は長い方と思います。
連絡先:burimama18(Gメール)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。