形にとらわれる・・

実家へは高速道路を使って車で3時間半。

めったに顔を出せないのでお盆の間くらいは行かないと・・!と思い

子供を乗せて1泊2日で慌ただしく帰省した。

主人は出張でいないので(週末はいないことが多い)自分一人での運転。

とはいえ昔から車の運転は好きで、3時間くらいなら平気。

親も孫を見て「大きくなった」と成長を喜んでくれた。

車を走らせていると、富山まで毎月3回往復していた頃を思い出す。

土曜も仕事が多いため、日曜の朝3時に家を出て片道400kmの山道。

冬は道が凍るのでルートが変わり、片道550km。

帰りは信心の沙汰に参加し、終わって車をガンガン飛ばして11時半頃帰宅。

翌日もそれぞれ仕事や学校。

そんな生活をよく過ごしていたな・・と思う。

苦労して富山まで出かけていくことが宿善になると聞かされ、そう思い込んでいた。

近所の目も気にしてはおれなかった。

無理して足を運び、高森会長の話を繰り返し聞くことが、救いへの道だと信じていた。

移動という行いと、聞くという行いと・・、そういう行い(形)にとらわれていた。

南無阿弥陀仏が目の前まで来てくださっていたのに、全然違う方向を向いていた。

間違った教えと気付かずにいたら、同じ事の繰り返しで人生終わっていただろう。

危ないところだった。  南無阿弥陀仏  (m)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

沢山走ったね~。
富山だけでなく、全国各地へ。
雨の日も雪の日も、そして車もぶつけました。
欲に任せて走った、走った。
子供を後ろに寝かせながら居眠り運転もした。
よく生きていました。
亡くなった講師の方もおられます。
有り難いです。
阿弥陀様の御陰です。
不思議、不思議の他は無し。

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

とくよしみね様
 「自分が信心決定したい!助かりたい!」という欲ですね。
本当に欲に任せて走っていました。(善をしているつもりで)浅ましい姿でした。
子供もずいぶん親の都合で振り回し、今思うと申し訳なかったと思っています。
親鸞会教義の間違いに気づかなければ今もまだ鼻先に信心決定の人参をぶら下げられて、馬のように走っていたでしょう。
抜け出せてよかったです、しみじみ。

Re: No title

私自身も活動することで形にすがって安心していたと思います。真剣に取り組んできたつもりでしたが、大まじめに求道ごっごをしていたのだと思います。
それにしても早くからご自分の心をよく見ておられたのですね。「少しも聞く気のないものに、不思議に聞く気が起こりそめ」本願力によって聞かせられるのですね!
プロフィール

ぶりぱぱ&まま

Author:ぶりぱぱ&まま
平成21年に親鸞会を退会しました。
会員歴は長い方と思います。
連絡先:burimama18(Gメール)

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR