スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勤行時の地震

親鸞会館でのご法座に一人で行っていた時、勤行中に大きな地震があり

会館が揺れた。

一瞬ざわついたものの導師は勤行を続け、参詣者もほとんど動かず勤行を続けた。

私は(東海地震が起きたのでは・・)と不安になり、仕事で家にいた主人と

子どもたちのことが心配でいてもたってもおれず、勤行を抜けだして廊下で携帯から

電話した。専任講師も3~4人廊下で何かをしていた。

電話で、「こっちも結構揺れたけど、震源地は石川で震度5みたいだよ。」と聞いた。

地震のあと、布教局長から「親鸞会館はしっかり造られているから地震が来ても安心」

との話があり、顕正新聞では「動じることなく、勤行を続けたのはさすがは親鸞学徒」

という内容の記事がでかでかと載った。

でも私は「違う!」と感じていた。

地震が起きた時、離れた家族を心配になるのはごくごく自然な感情。

それを抑えて、心の乱れを隠して知らん顔して形だけ勤行を続けることが、

果たして すばらしい行為だろうか?

地震のことで頭がいっぱいになっていたからこそ、勤行終了と同時に地震の話で

会場がワイヤワイヤとなったのだ。

また、幹部の危機管理能力がないから「何もできず」「避難誘導もなかった」のでは

ないか?

地震の現場で何も指示できなかったことは、本来組織として恥ずかしいことだと思う。(m




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大きい地震でびっくりしましたよ。
私もそこにいましたが、天井の照明がガシャガシャ音を立てていたので、危ないと思い天井ばかり見ていました。
蛍光灯は耐震設計にはなっていませんので一つくらいはずれる可能性はありました。
すぐに移動出来る体勢をお勤めをしながら取っていました。
そんなことをする必要も無く運が良かっただけですね。

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏

No title

とくよしみね様
 ご無沙汰しております。
みんな内心は万が一に備えていたと思います。天井から破片がおちてきてもおかしくない状況だったですよね。
S会は、安全対策を取れなかったのに、反省もなく「取り乱すことなく勤行を続けた」と自慢にならないことを自慢にしていては進歩もないのでしょうね。

No title

maryさま

お久しぶりです。
なかなか書き込み出来ないので失礼しています。
最近は、S会も殻に閉じこもっているので動きが少ないですね。
そのうち借金で身動き取れなくなると思うのですが、
私たちの法友がまだ頑張っているのでしょう。
しかし、昔の法友は一切私に連絡してきません。
残念でなりませんが、縁ある人に話をしていくしかないのでしょう。
このブログを続けることもそういうことだと思います。
頑張ってください。
プロフィール

ぶりぱぱ&まま

Author:ぶりぱぱ&まま
平成21年に親鸞会を退会しました。
会員歴は長い方と思います。
連絡先:burimama18(Gメール)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。