スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿弥陀様と口称念仏

親鸞会在籍時、名号を阿弥陀様の作られたお薬に例えられた話をよく聞いた。

阿弥陀仏のお手元にある南無阿弥陀仏(薬)が私に届いたのが信心。

信心をもらって口から出るのがお礼の念仏、と。

それが頭にこびりついていたために、どうしても口称念仏と阿弥陀仏を

別に考えるくせがついてしまっていた。

でも、そうではなくて、称える南無阿弥陀仏は阿弥陀仏そのものであり、

観相もできない凡夫の私を救うために、阿弥陀様は声の仏となり私の口から

呼んでくださるのでした。

口で称えるお念仏は、阿弥陀様そのものだったのです。

後生だけでない、今生の苦しみも、常に寄り添い離れず、共に進み、応援して

下さる阿弥陀様でした。

かたじけないことです。 南無阿弥陀仏(m)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「南無阿弥陀 声は一つに味二つ 親の呼ぶ声 子の慕う声」
「今日もまた 連れて行くぞの声聞けば 道知らぬ身も 迷いやはする」
という先哲の歌が偲ばれますね。
どこどこまでも行き届いたみ仏の大慈悲がひとえに有り難いです。

称名

No title

Rudel様
暑さにも負けず、お元気そうですね!
最近、口称の念仏の大切さというか、尊さというのか、あらためて知らされる御縁が多いです。
プロフィール

ぶりぱぱ&まま

Author:ぶりぱぱ&まま
平成21年に親鸞会を退会しました。
会員歴は長い方と思います。
連絡先:burimama18(Gメール)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。