スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポイント

ポイント制

新幹線で移動するときや、ホテルに泊まる時、〇〇カードを利用しています。1回に貯まるポイントは僅かですが、2年ぐらいで2万ポイント近く貯まっていました。おかげで少し値のはる仏教の書物を購入することが出来ました。

1%のポイントでもバカにならないものです。塵も積もれば山となる。継続は力なり。と実感させられます。

阿弥陀仏の救いを、このようなポイント制の仕組みの様に思わせる話の仕方をしているとしたらその害は計り知れません。

「善をしなければ信仰は進みませんよ」「信仰が進まなければ救われませんよ」
私は、この言葉は浄土真宗において、決して言ってはならない言葉だと思っています。

進まなければ救われないというのは、少しずつでも進んでいった先に救いがあるということになり、あたかもポイントが貯まっていって何かが得られる仕組みを連想させます。

しかも、その言い方は以前よりもひどくなっているのです。

説法でも、『本願寺なぜ答えぬ』、『こんなことが知りたい』でも

「善をしなければ善果は来ません」となっていたはずです。

それが、いつの間にか意識してかどうか分かりませんが、言い方が変わってきているのです。

昔から聞いている人は、気付いている人もいると思います。(P)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

とても只今の救いとは思えない説き方ですね。
今日も会員は、少しでも信仰を進めようと思って聞くのではと思います。今日こそはという気はあっても、話が只今の救いとはかけ離れた内容なので、聞いている人が可哀想です。

Re: タイトルなし

一念の救いと言ってはいても、話の内容はそうではない。
疑問を感ずるのは聞き方が悪いのでは無く、話の内容が自己矛盾をしているのだということに気付いて欲しいですね。善の勧めを強弁すればする程、矛盾の幅が広がって収拾がつかなくなっているのが実情ではないでしょうか。
プロフィール

ぶりぱぱ&まま

Author:ぶりぱぱ&まま
平成21年に親鸞会を退会しました。
会員歴は長い方と思います。
連絡先:burimama18(Gメール)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。