スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御文章

表紙の擦れた年期入りのS会発行の御文章を久しぶりに拝読。

何帖目何通とかかれているところの上に、× がつけてあるものが

結構ある。

T会長が、「これは今の時代には当てはまらない内容が書かれているから

読まないように」 と指示をだし、いわれるままバッテンを付けたもの。

当時は、そんな言葉をうのみにして読み飛ばすようにしていた。

蓮如上人ご自身が「凡夫往生の手鏡」といわれたという御文章に

○×をつけるなんて、今考えると何て失礼な行為だろうと感じる。

しかも会員にまで、そんな行為をさせて・・。

自分が蓮如上人より偉いと思わなければ言えない発言。

その指示に疑問も感じず従っていた当時は、やはり 「自分には

判断能力がない。T会長だけが善智識方の深い御心がわかるのだ」と

信じ込んでいたのだ。

いつの間にか、マインドコントロールされていたと思う。(m) 南無阿弥陀仏

門徒

実家は先祖代々大谷派門徒で、月に一度はご院さんが来て、私も祖母と一緒に
正信偈を読んでいました。
小学校の夏休みも、毎日寺でのラジオ体操の後、続けて正信偈を読んでいました。

正信偈の言葉(字)や恩徳讃の歌は、頭にしっかりインプットされたけれど、意味を
教えてもらったことは一度もありませんでした。

最初の一文字から( 帰命って何?命を帰すから死ぬってこと?南無阿弥陀仏って
どういうこと?) と疑問がいっぱいでした。

思い切って恩徳讃の意味を質問した小5の時、ご院さんは「それだけ仏様、ご先祖様
のご恩が大きいという意味ですよ。」と答えました。
( でも身を粉にして骨を砕いたら死んでしまうから、ご恩返しで自分の命と引き
換えになるって、表現がおかしくない・・?) と思っていました。

S会にはまった原因の一つに「正信偈の意味を教えていた。」というのがあります。

「寺では教えが説かれていない。」という言葉に、大いに納得でした。
当時は阿弥陀仏のことさえ、何もわかっていなかったのですから。
正信偈の意味を教えてもらえることが、とても嬉しく新鮮でした。

そして、キリスト教を信じたくて、信じれなくて苦しんでいた私は
「信じる心のない者に信じる心も与えてくれる阿弥陀仏」という話に、
「疑い深い自分にはこれしかない!」と光が差した思いだったのです。 

もちろんS会では教えが間違っていて他力とは反対方向なので、
S会の教えでは永遠に救われませんが、寺の責任も大きいと感じます。

          南無阿弥陀仏  南無阿弥陀仏 (m)

思い出

・わが命 キリスト教の 父母(ちちはは)と
     
        信者の祈りに 願われて在(あ)り

・ キリストか 真理かと 道問うた

         高3のころ 鏡見つめて

・真理知る 智慧がないから念仏す      (m)

円融至徳の嘉号は悪を転じて徳を成す正智(教行信証総序)(現代語訳)
自他不二、生死一如とさとりきわめた阿弥陀仏の無上の徳を円かに具えている名号は、人びとの煩悩悪業をそのままさとりの徳にかえていく智慧のはたらきをもっており   (安心問答より転写)


生きるということは、衣食住が資本であり、自分も家族も衣食住のためにはお金が必要で、

お金を獲るには仕事が必要で、体調の維持も大切で、結局仕事中心の日々になってしまう。

煩悩どっぷりの浅ましい姿なのに、それを仏の種にしてくださるとは本当に不思議でありがたい

お言葉です。

南無阿弥陀仏のお働きが染み透って、申し訳ないな・・ありがたいな・・ありえない話だな・・

南無阿弥陀仏以外に救いの道はなかったことを、改めて味わわせていただきました。

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏 (m)

私の幸せ

「私の幸せ」という言葉を聞いた時、いつも違和感を感じ、愚痴人間で

レベルの低い私には幸せになる資格はないと思っていました。

けれども自分がどんなにお粗末で無知であっても、私に価値がなくても

南無阿弥陀仏が私を包みこみ、私の人生を照らし導き応援し続けて

下さっているから、私は今現在幸せであり、時々お念仏を称えつつ、

この幸せの道を堂々と精いっぱい生きていけばいいのだと思いました。 (m)

プロフィール

ぶりぱぱ&まま

Author:ぶりぱぱ&まま
平成21年に親鸞会を退会しました。
会員歴は長い方と思います。
連絡先:burimama18(Gメール)

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。